おでこのシワを消す3つの改善対策!理想のおでこに必要なのは?

投稿日:

おでこシワ改善対策

 

鏡で自分の顔を確認するたびにおでこのシワが気になって落ち込んでしまいますよね。

おでこシワのせいで、実年齢よりも老けて見られることも・・・

このままさらに酷くなる前になんとかしたい!

 

でも、おでこのシワを改善するには具体的に何をしたら良いかわからない。

だったらなぜおでこシワができるのかという原因から、改善するにはどのように対策すればいいかをご紹介します。

 

この記事でわかること

  • おでこシワができる原因
  • おでこシワを改善する対策

 

記事を最後までご覧いただくと、おでこシワの改善方法が明確にわかります。

若さを取り戻して、旦那や友人、同僚を驚かせてやりましょう。

 

 

おでこシワの原因

おでこシワの原因は?

 

おでこシワができる原因を見ていきましょう。原因は大きくわけて5つあります。

 

  1. 紫外線
  2. 乾燥
  3. まぶたの筋力低下(まばたき)
  4. 表情のクセ
  5. 日常生活の習慣

 

紫外線

おでこにシワができる最大の原因が紫外線です。

肌内部(真皮)のコラーゲンを生成している箇所が紫外線によって攻撃を受けると、バランスよくコラーゲンを生成できなくなります。

そのため、肌内部の保湿状態がなくなり、シワとして肌の表面に現れてしまいます。

つまり、おでこのシワは肌内部のコラーゲン量が正常に保たれていない状態のときに起こります。

 

乾燥

乾燥もおでこシワにとっては避けたい状態です。肌表面が乾燥している状態だと小ジワとして、肌内部の水分が足りない乾燥状態だと、小ジワよりも深刻な定着シワになる恐れが高くなります。

 

とくに乾燥がひどくなる季節は注意が必要です。

肌表面と、肌内部の保湿ケアは欠かさずにおこないましょう。

 

まぶたの筋力低下(まばたき)

目のまわりの筋力が衰えてくることによって、おでこにシワができることがあります。

とくにまぶたの筋力がおでこシワ発生に大きく関わってきます。

 

どういうことなのでしょうか?

 

まぶたの筋力が低下することによって、まばたきをするたびに、おでこ周辺の筋力が使われるようになります。通常であれば、まぶた周りの筋力だけでカバーできていたまばたきが、おでこの筋力まで使うことにより、肌のヨレが生じてシワとなります。

 

人間は1分間に約20回のまばたきをします。1時間だと約1,200回。仮に1日16時間起きていると仮定したら約19,200回という数になります。

1回のまばたきによるおでこへの負担は少なくても、1日に19,200回もダメージが重なれば、シワになっても不思議ではありませんね。

 

表情のクセ

あなたには何か表情のクセがありますか?

「おでこにシワが寄ってるよ」

「眉間にシワ寄せて、何か考え事?」

旦那や子供、友人などにこのように指摘されたことはありませんか?

 

クセというのは知らず知らずのうちに、無意識に行っている動作のため、なかなか改善するのは難しいですし、自分で気が付くのも難しいです。

しかし、表情シワは放置しておくと高い確率で定着シワになります。

 

笑ったり驚いたりするときに、眉毛を上げるクセがある。

表情のクセによるおでこシワって、じつはけっこう厄介なんです。

 

日常生活の習慣

表情による原因と理由は似ているのですが、日常生活での行動でもおでこにシワができることはよくあります。

 

たとえば、

  • アイメイクの時に眉毛を上げている
  • コンタクトレンズを入れる時やはずす時に眉毛を上げている
  • スマホ画面を見るときにシワが寄っている
  • 鏡で自分の顔を見るときにシワを寄せている

このような行動、あなたも心当たりがありませんか?

 

おでこシワの改善方法

おでこシワ改善

 

おでこシワの原因がわかれば、それらの対策をすればいいだけです。

改善するには以下のような対策をしていきましょう。

 

おでこシワを改善する対策は?

  • マッサージをする
  • 紫外線対策と保湿ケア
  • 美容液を良い物に替える

 

おでこシワ改善マッサージ

おでこのシワを改善するには、マッサージをするのが効果的です。

これはシワができる原因の、「まぶたの筋力低下(まばたき)」、「表情のクセ」、「日常生活の習慣」に対して効果的な改善策になります。

では、どのようなマッサージを行えばよいのでしょうか?

言葉で説明するよりも、動画を見ていただくほうが早いし、分かりやすいと思いますので、こちらをご覧ください。

 

 

紫外線対策と保湿ケア

おでこシワを改善するには、紫外線対策と肌表面、さらに肌内部の保湿ケアをするのが重要です。

 

紫外線が強い時期はもちろんのこと、冬場の日照時間が短い時期でも、しっかりとおでこの紫外線対策はしてください。

UVカットされているファンデーションは必須です。

 

保湿ケアに関しても、肌内部にしっかりと有効成分が浸透する化粧品を使用しましょう。

 

洗い流すものはプチプラで、肌に補給するものは良いものを

 

美容液を良い物に替えてみよう!

おでこのシワができる原因から、改善のするための対策を紹介してきました。

しかし、マッサージが良いとわかっていても、なかなか毎日続けられないですよね。

そこで、継続して続けやすい対策は化粧品で保湿ケアをすること!

 

とくに保湿ケアに特化した美容液に替えてみることはとても大切です。

「いま使っている美容液があるから・・・」

そう思いたくなると思いますが、その美容液を使った結果が今のあなたのおでこです。

シワは改善されていますか?

このまま、改善されそうもない美容液を使い続けますか?

 

 

 

 

-シワ

Copyright© ベルラボ - 40代女性のための美肌研究所 - , 2018 All Rights Reserved.