40代の気になるほうれい線にラメラエッセンスCは有効か?

更新日:

ほうれい線にラメラエッセンスC

ショートカット

ラメラエッセンスCはほうれい線に有効なのか。

実際に購入して失敗したくないから、慎重に判断したいところですよね。

 

でも、どうやって購入の判断をすればいいかわからない。

きっとあなたはこのように考えているのではありませんか?

 

そこでこの記事では、ほうれい線ができる原因に対して、ラメラエッセンスCはどういう働きをしてくれるのかをお教えします!

 

この記事でわかること

  • ほうれい線の原因
  • ほうれい線ができやすい人の特徴
  • ラメラエッセンスCはほうれい線に有効か

 

ラメラエッセンスCはほうれい線に有効なのか?

それが明確にわかりますので、最後まで記事をご覧ください。

 

まずはほうれい線ができる原因を知るところからはじめましょう!

 

 

ほうれい線の原因

乾燥状態

 

ほうれい線の原因はいくつかありますが、発生するメカニズムはたった1つです。

「肌の角質層にあるコラーゲンが減少するから」

じつはこれだけなんです。

 

一般的によく言われているほうれい線の原因というのは、肌の奥(真皮)にあるコラーゲンが減少する原因という言葉に言い換えることができます。

 

たとえば「乾燥」、「紫外線」、「睡眠不足」、「暴飲暴食」、「加齢」、「ストレス」などがほうれい線の原因と言われています。

原因と結果を流れにするとこのような感じ。

 

ココがポイント

「乾燥」など → 真皮のコラーゲンが減少 → ほうれい線

 

 

 

ほうれい線ができやすい人の特徴

ほうれい線を隠す

 

ほうれい線ができる原因は、コラーゲンの減少でしたが、日常生活の行動によって、ほうれい線の発生を引き起こしてしまう良くない行動があります。

 

先程の流れに追加すると以下のようになります。

 

ココがポイント

「乾燥」など → 真皮のコラーゲンが減少 → 『日常の○○○な行動』 → ほうれい線

 

では、この『○○○』な行動はどのようなものがあるのでしょうか。

 

ダメな行動とは

  • うつむく姿勢をよくする
  • 睡眠時に横を向いて寝る
  • 食事の際に食べ物を噛むのが一方にかたよっている

 

このように日常生活の姿勢やクセでほうれい線ができるのを加速させてしまう行動があります。

 

うつむくことによって、口周りの筋肉がたるんで弱くなり、頬が落ちやすくなってほうれい線ができます。

 

スマホや読書などで極端にうつむいたり、歩くときもあまり前を見ずに足元ばかりを見て歩くなど、うつむきがちな人っています。

意外と本人は気付いていなくて、まったく普段から意識していなかったりするから厄介なんです。

あなたも日常生活の中で、うつむいていないか行動を意識してチェックしてみてください。

 

睡眠の姿勢もじつはかなり大事。

「寝るときぐらい許してよ」という声が聞こえてきそうですが、寝る姿勢が左右のどちらか一方を横にしている人は要注意です。

 

この行動も筋力低下を招いて、ほうれい線を発生させやすくしてしまいます。

 

左右どちらか一方の口で食事する人も注意が必要です。

よく噛むほうの筋肉は動かすことによって維持されるのですが、左右均等でないことにより、あまり物を噛まないほうは筋力低下によりほうれい線ができやくなります。

 

日常生活で意識できることは意識して、少しでもほうれい線の発生を抑えるように心がけてください。

 

 

ラメラエッセンスCはほうれい線に効くのか?

ラメラエッセンスC

 

ほうれい線を改善、予防するには減少した真皮のコラーゲンを正常に戻すことが重要で、何よりも近道です。

 

つまり、先程の流れで出てきたこの部分をどうにかすればいいのです。

 

ココがポイント

「乾燥」など → 真皮のコラーゲンが減少 → ほうれい線

 

具体的に何をしたらほうれい線が改善されるのかわかっても、減少した真皮のコラーゲンを補給するのはできないんです。

 

もともと、わたしたちの肌と同じ構造をもつコラーゲンというのは肌の外部から角質層に吸収させることができないという特徴があります。

 

そこで、真皮のコラーゲンの代わりとなる角質層にコラーゲンを浸透させることができるラメラエッセンスCを使えば、簡単にほうれい線ケアができますよ。

 
 ラメラエッセンスCを買う

 

Copyright© えっ・・・マジ!?ラメラエッセンスC効果なしの口コミ評判 , 2019 All Rights Reserved.