ラメラエッセンスCはシミ対策に最適!保湿で肌のバリア機能も向上!

更新日:

ラメラエッセンスCシミ

 

メイクで隠しても気になるシミ、恋人や友人、同僚の目が気になって悩んでしまいますよね。

 

「見られているような気がする」と疑心暗鬼になって、本当に気分が落ち込んだりすると思います。

 

シミができないようにしたい!

 

でも、日焼け止めやメイクで紫外線をカットするようにしているけど、シミができてしまう。

 

「保湿ケアに特化した美容液ラメラエッセンスCがシミ対策に効果的だって聞いたけど、本当のところはどうなの?」

 

この真実を知りたいですよね。

 

そこで、シミが発生するメカニズムと原因を理解して、そのシミの原因に対してラメラエッセンスCがどのように働いて効果があるのかを検証します。

 

 

この記事でわかること

  • シミの原因とラメラエッセンスCの働き
  • ラメラエッセンスCで本当にシミ対策はできるのか

 

 

最後まで記事を読めば、ラメラエッセンスCがシミ対策になるのかどうかが手にとるようにわかりますよ!

 

 

シミができる原因

シミの原因

 

シミを改善するには発生のメカニズム原因を理解しましょう。

 

シミができる原因を理解することによって、改善したり予防したりという対策がとれるようになるからです。

 

たとえば、紫外線によるダメージがシミ発生に深刻な影響を及ぼすとわかれば、日焼け止めを塗って対策することができたりしますよね。

 

ですので、シミの発生メカニズムと原因をわかっておいたほうが、改善の近道になります。

 

まずは、シミが発生するメカニズムを見ていきましょう。

 

 

そもそもシミはどういうメカニズムで発生するのか

シミができるメカニズムはメラニンの大量生成、もしくはメラニンの受け渡しミス、メラニンの排出異常のうちのどれかです。

 

すごく簡単に言ってしまうとこうなります。

 

ポイント

メラニンの異常 = シミ

 

肌にとっては天敵の紫外線ですが、じつは人間の体にとっては必要な光なんです。

 

骨の形成を助けるビタミンDを体内で合成したり、新陳代謝や血行促進をしてくれたりします。

 

ただ、やはり肌にとってはいじめっこの悪いやつ

 

紫外線とメラニンの関係はこのような流れになります。

 

紫外線ダメージ →

細胞を守るためメラニンが発生 →

表皮細胞(ケラチノサイト)がメラニンを受け取り上昇して角質になる →

やがてその角質が剥がれる

 

シミ発生のメカニズムについて、文字だけで説明されてもわかりにくいですよね。

 

第一三共ヘルスケアさんが作成しているサイトの画像がとても分かりやすいと思ったので、リンクさせていただきます。

 

シミ発生メカニズム

画像出典:『シミの症状・原因|くすりと健康の情報局

 

通常であれば、ターンオーバーによってメラニンは肌の外へ排出されます。

 

しかし、紫外線ダメージが多すぎてメラニンが大量に生成されたり、ケラチノサイトへの受け渡しミスや角質として排出されないとシミとして肌に定着してしまいます。

 

これがシミ発生のメカニズムです。

 

では、次にこのメカニズム自体を引き起こしてしまうおもな原因を確認していきましょう。

 

 

  1. ホルモンバランスの乱れ
  2. ニキビ
  3. 紫外線によるダメージ

 

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

ホルモンバランスの乱れでできるシミが多い

出産後のホルモンバランスの変化などで、ターンオーバーが正常に機能しなくなって、シミが現れる原因となることが最近では多くなってきています。

 

このシミの種類は『肝斑(かんぱん)』と呼ばれていて、頬や額、口の周りなどに薄い茶色のシミとして現れます。

 

紫外線に当たることによって、さらにシミ発生が促進されてしまうという悪い特徴がありますので、紫外線には注意しましょう。

 

出産だけでなく、加齢や過剰なストレス、ピルの服用によっても女性ホルモンバランスが乱れてしまってシミが発生する原因となります。

 

ココがポイント

出産後や加齢など → ホルモンバランスの乱れ → ターンオーバー異常 → シミ発生

 

 

注意!ニキビはシミの原因になりやすい

ニキビで炎症を起こすとメラノサイトが活性されてメラニンを過剰に生成させてしまい、シミの原因となります。

 

ニキビだけではなく、やけど湿疹のあとにできる「炎症後色素沈着」というのが、紫外線によって悪化してシミとなってしまうのです。

 

ニキビができたあとは、紫外線のダメージには普段以上に注意する必要がありますので、意識しておいてください。

 

ココがポイント

ニキビ → 炎症後色素沈着 → 紫外線ダメージ → シミ発生

 

 

シミの元凶は紫外線!

シミのいちばんの原因となるのは、紫外線ダメージです。

 

もうここまでで、頻繁に紫外線ダメージのことを言っているので、詳しい説明は不要だと思います。

 

女性ホルモンが乱れようと、ニキビができようと、それを悪化させてシミにしてしまう元凶が紫外線なんです。

 

裏を返せば、紫外線対策をすることによって、シミを発生しにくくしたり、改善したりすることができるということです。

 

その際、日焼け止めやメイクでUVをカットするのも大切ですが、肌が本来もっているバリア機能を高めることが何よりも重要です。

 

角質層にある肌のバリア機能は、保湿することによって正常に機能します。

 

とても大切

角質層の保湿 → 肌のバリア機能向上 → 紫外線ダメージを軽減 → シミを抑制

 

 

シミに対してラメラエッセンスCがどのように働くか

ラメラエッセンスCでシミ対策!

 

これまでの説明で、シミが発生する元凶の紫外線ダメージを防ぐには、肌のバリア機能を向上させることが重要だということがわかりました。

 

肌のバリア機能は、角質層の保湿状態に左右されるということもわかりましたね。

 

角質層が乾燥していると、外部刺激から肌を守れなくなっていろいろなトラブルがおこるからです。

 

たとえば、乾燥する時期になると、肌がいつも以上にかゆくなったりした経験があると思います。

 

そのような肌トラブルが多くなる原因は、角質層の乾燥によるバリア機能の低下にあったんです。

 

バリア機能を向上させることがシミの発生を抑えてくれます。

 

注意ポイント

角質層を保湿してあげれば、バリア機能は向上する

 

 

ラメラエッセンスCの成分は角質層の保湿ケアに最適!

ラメラエッセンスCは、通常のコラーゲンよりも600倍の保湿力がある生コラーゲンを角質層に浸透させる技術を使ってつくられた角質層の保湿ケアに最適の美容液です。

 

生コラーゲンは保水力はものすごく高いのですが分子が大きいため肌に浸透しにくいというデメリットがあります。

 

加熱処理をして分子をバラバラにして肌へ浸透しやすくしたのが、一般的なコラーゲンです。

 

しかし、バラバラにしているので生コラーゲンに比べて保湿力が落ちてしまいます。

 

ラメラエッセンスCは独自技術で生コラーゲンを浸透させることに成功しました。

 

 

保湿成分は生コラーゲンだけではなく、ヒアルロン酸ビタミンC配糖体なども配合されているため、角質層に対して即効性のある保湿ケアができます。

 

 

今すぐラメラエッセンスCを購入するか?1年後に先延ばすか?

ラメラエッセンスはシミを100%治すことができる美容液ではありませんが、シミ対策としては最適の美容液だということがわかったと思います。

 

しかし、ラメラエッセンスCを使用することによってシミを高い確率で予防することがわかっても、使わなければあなたはこれからもシミができやすい肌のまま。

 

あなたは今すぐシミに悩まない肌を手に入れて自信をもって人と接したいですか?

 

それとも、1年ぐらいシミ対策は先延ばしにして、シミのある顔で、人目におびえ続けますか?

 

もしも、あなたがすぐにシミ対策をしたいと思ったのなら、実際にラメラエッセンスCを使ってシミ対策してください!

 
 ラメラエッセンスCを買う

 

 

 

 

 

Copyright© えっ・・・マジ!?ラメラエッセンスC効果なしの口コミ評判 , 2019 All Rights Reserved.