たとえ1000円でも失敗したくない!

 

あなたが無駄な買い物をしなくて済むように、実際にラメラエッセンスを使用した感想を参考にしてください。

購入で失敗しないためにも、参考になれば幸いです。

 

また、セット内容や購入方法を詳しくご説明した「ラメラエッセンスお試し品は1000円!購入方法やセット内容」の記事もあわせてご確認ください。

 

 

ラメラエッセンスお試し品を実際に使ってみた感想!

 

 

ラメラエッセンスのお試しセットはどんなものなのか、購入しましたので、その体験レビューを書きます。

実際に妻に使用してもらいました。
ちなみに妻の年齢は32才です。

 

商品到着~開封

水曜日に注文して、日曜日のお昼に届きました。ですので、4日後の到着ということになりますね。

佐川急便で、代金引換での注文をしました。先程ご紹介したように購入方法は代金引換、カード引換、後払いの3種類です。

クレジットカード決済はありませんので、ご注意ください。

商品代金は1080円(税込)となっています。代引き手数料が無料なので、そこはありがたい部分ですね。

 

 

このような箱です。A4サイズぐらいでしょうか。中身はすごく軽いです。

 

 

箱を開封したらすぐに、オペレーターの写真が入った電話案内のチラシが目に飛び込んできました。電話した人全員に「肌結果のためのアイテムをプレゼント!」と書いています。お得なので、ぜひ電話してみましょう。

中には色々とマニュアル関係が入っていました。一番下にピンクの包み紙にくるまれた緩衝材つきのラメラエッセンスCが入っていました。

 

 

マニュアルやチラシの内容はこのような感じです。

 

  • 使い方のコツの電話案内書
  • ラメラエッセンスC喜びの体験談
  • はじめて半顔体験ガイド
  • セルベスト化粧品ラインナップ紹介
  • お使いになる前に(スペシャルケア方法紹介シート)
  • ラメラエッセンスCお試しミニボトル使用前の注意書
  • お買い上げ明細書

 

公式サイトに記載されている「スペシャルケア方法紹介シート」以外にも、様々なチラシが入っていました。

 

 

次にセルベスト化粧品のお試し品を取り出してみましょう。

 

 

  • ラメラクレンジングメイク落とし(STEP1)
  • ラメラウォッシュ洗顔料(STEP2)
  • ラメラローション化粧水(STEP4)
  • ラメラゲル保湿クリーム(STEP5)

 

それぞれの袋に「STEP1」などの番号が記載されていたので、使う順番が分かりやすくていいなぁと思いました。

そしてSTEP3がラメラエッセンスCの美容液となります。

 

続いて、ラメラエッセンスCの小箱を開封してみます。

 

おぉ、さすがにお試しサイズだから小さくてかわいい!

一般的なコットンと並べてみると、こんな感じです。

左側の白い塊があるのが「ラメラエッセンスC美容液」で、右が「ラメラウォーターC化粧水」です。

ラメラエッセンスC美容液は固形状態で、このように逆さまにしても微動だにしません。ここにラメラウォーターC化粧水を注入して、2つを混ぜ合わせます。

 

 

お待ちかね!ラメラエッセンスの混ぜ混ぜ作業

いよいよお待ちかねのラメラエッセンスを混ぜる作業に突入です。

理科の実験みたいでおもしろい!という口コミが多数ですので、どんなものか期待しちゃいますね。

動画を撮ってみました。そちらをどうぞ!

 

 

ラメラウォーターを注入するとすぐにラメラエッセンスの固体が溶けていきました。

シェイクを何回かしたのですが、少しだけダマが残っていました。

これも多くの口コミ通りです。この状態で冷蔵庫に入れておけば、自然とダマはなくなっていきますとのことだったので、深く気にせずに冷蔵庫へ投入しました。

 

 

混ぜ合わせる作業は、そんなに手間ではないですね。軽い実験のようで、たしかにちょっと童心に帰れたような気がしました。

 

 

ラインナップをステップ通りに使用した

それでは、実際にセルベスト化粧品ラインナップをステップ通りに使用していきましょう。

ラメラクレンジングメイク落とし

まずはSTEP1の「ラメラクレンジングメイク落とし」から。

開封して手のひらに落としていきますが、横で見ていてもとろみがあるのがわかります。

テクスチャはこのような感じですね。

以下は妻の感想です。

  • 水分量が多い
  • とろんとしていてローションのよう
  • クレンジングゲルよりとろんとしてる
  • 今まで使ったことがない

 

すすぎは、肌をこすらずにちゃぷちゃぷとぬるま湯で落とします。

30回ぐらいのすすぎでヌルヌルが落ちました。20回ぐらいのすすぎでは、まだ少しヌルヌルが残っていました。

化粧の落ち具合は、わからないとのことでした。なぜなら、この日は薄化粧だったからだとか。

翌日は化粧を濃くしてトライしてみるとのことでした。
(翌日は化粧を厚くした結果、こすらずに落とすのは無理な感じがしました。化粧の濃さによってはこする必要もあるという感想でした)

ラメラウォッシュ洗顔料

続いてSTEP2の「ラメラウォッシュ洗顔料」を使っていきます。

開封後してから手のひらに落ちていく様を見ていて、固そうだなというのがわかりました。

案の定、妻の第一声も「さっきより硬い」でしたね。クレンジングよりもテクスチャは硬いようです。

泡立てネットで泡を作っていきましょう。説明書にはレモン2個分の泡を作りましょうと書いていました。

見た目と違って、案外すぐに泡立ちました。

ただ、レモン2個分の泡を作れと書いているけど、実際に作るのは技術的に難しいというのが率直な感想です。

女性の手のひらだけで大量に泡を作るのは難しいのではないかと思いました。

それでも、できた泡はそれなりに多くなったかと思います。

泡を顔に乗せていきます。そして、泡を転がしていくような感覚で洗顔していきました。レモン2個分と言わず、これぐらいの泡の量であれば、じゅうぶんに顔全体に泡が行き渡っていきました。

  • 泡は弾力がある
  • なかなかへたらない

 

洗い終わったあとの感想としては、鼻の頭にある角栓がだいぶ浮かび上がっていることに気がつきました。
以前から落としたいけど、なかなか落ちないと妻の悩みの種でした。
もしも、継続して使えば落ちるかもしれないと言ってました。

きっと泡に弾力があるので、吸着力がそれだけしっかりあるという証拠なのかと思いました。

ラメラエッセンスC美容液

いよいよSTEP3の「ラメラエッセンス美容液」を試してみます。

マニュアルにもあったように、初日は半顔で試してみます。

冷蔵庫から取り出したラメラエッセンスはすでにダマのない状態になっていました。

混ぜ合わせてから約1時間後ぐらい経過した状態です。

ドバッと出ないように慎重に手のひらに垂らしていきます。

1円玉ぐらいの大きさを出したら、速やかに肌へ塗布していきます。

手のひらが美容液を吸収してしまわないようにするため、迅速に顔に塗る必要があるようです。

塗ってみた感想としては

  • もちもちしてる
  • 肌と手がくっつく
  • ヌルヌルはしてない

 

さらに張りつくような感じでリフトアップ効果があるような感覚でした。
妻の感想を原文のまま載せます。

「すごいなぁ、これまで使ったことない新感覚。香りはまったくしない!

すぐに乾く。吸収力が高いから、すぐにサラサラになる。

つけてすぐの肌の変化はわからない。
劇的な変化はないよ。

でも、すぐにサラサラになるのはすごいなぁ」

塗布してすぐに効果はないようですが、やはり継続してみないと効果は実感できないのでしょうね。

冷静に考えて、そんなに即効性があるのも怖いですもんね。ある程度の期間は必要となるのでしょうね。

ラメラローション化粧水

それではSTEP4の「ラメラローション化粧水」に進みましょう。

開封して手のひらに出すのはスムーズ。さすがは化粧水です。

テクスチャを見ていると化粧水ということでサラサラしてそうと思いました。

塗ってみた感想はこのような感じでした。

  • ちょっととろみがある
  • あまりこぼれない(成分がいっぱい入ってるからかな)
  • 両手でやってもこぼれない
  • ハリが出る
  • もちもち

 

「こぼれないから使いやすい!これはありがたい」と言ってました。

肌にくっつく感じが強いようでした。

さらに、普段はプチプラの化粧水を使っているから、余計に肌に入っていく感覚が強いと言ってました。

ラメラゲル保湿クリーム

さぁ最後です。STEP5の「ラメラゲル保湿クリーム」できっちりとスキンケアを終わらせましょう。

テクスチャは硬そうです。

そして、量がかなり少ないですね。しかし、今回のラインナップの中で、これが一番高価な商品なんです。

いったいどんなポテンシャルなんだろうと興味津々でした。

普段は乳液でフタをして完了のようですが、ラメラゲル保湿クリームを使ってみて、「普段のあれは何なんだ」と、塗ってすぐにそんな言葉が出ていました。

すべて終わった肌は見た目からもツヤツヤとしていて、保湿している感じが目で見るだけで伝わってきました。

そして、最後に妻がぼそりと「高い化粧品っていいなって思う」とこぼしていました。

 

(2018年9月現在

ラメラエッセンスのお試しトライアルセットは人気のため生産が追い付かず、出荷停止中です。再開の目処は未定だそうです。

 

通常品もいつ、出荷制限が掛かるかわかりません。購入したくても手に入らない可能性がありますので、お早めに!)